にんじん

【意味】 にんじんとは、セリ科の越年草。地中海沿岸地方原産。根は黄橙色・紅赤色で、円錐形で太く、地中に伸びる。葉は羽状に細裂。野菜として栽培される。

【にんじんの語源・由来】

にんじんは、その根に頭や足・手と、人のような形をしたものが最上とされ、「人参」と名付けられた。
ただし、ここでいう「人参」の名は、奈良時代には渡来し、薬用として栽培されていたウコギ科の「朝鮮人参(オタネニンジン)」のことである。
野菜のにんじんは、地中海沿岸地方から中国を経て、16世紀に日本に渡来した。
根が朝鮮人参、葉がセリに似ていることから、当初は「セリニンジン」と呼ばれた。
その他、朝鮮人参と野菜のにんじんを区別するために、「菜人参(なにんじん)」「人参菜(にんじんな)」、畑に植えることから「畑人参(はたにんじん)」などとも呼ばれた。
やがて、野菜のにんじんが主流となり、セリ科のにんじんを指すようになった。

【関連語】

アギ・阿魏(あぎ) 足・脚・肢(あし) アシタバ・明日葉(あしたば)
頭(あたま) アニス アマニュウ・甘にゅう
アメリカボウフウ・アメリカ防風 アンジェリカ イノンド
イブキボウフウ・伊吹防風 ウイキョウ・茴香(ういきょう) ウコギ・五加木(うこぎ)
ウマノミツバ・馬の三つ葉 オタネニンジン・御種人参 キャラウェイ
キャロット(植物) 草(くさ) 薬(くすり)
クミン コエンドロ コニウム
コニシ・古仁之(こにし) コリアンダー シシウド・猪独活(ししうど)
セリ・芹(せり) セルフィーユ セロリ
セロリアーク センキュウ・川きゅう セントウソウ・仙洞草
チドメグサ・血止め草 ツボクサ・壺草(つぼくさ) 手(て)
ディル トウキ・当帰(とうき) ドクゼリ・毒芹(どくぜり)
菜(な) 人間(にんげん) 人参飲んで首くくる
根(ね) ノダケ・野竹・土当帰(のだけ) ノチドメ・野血止(のちどめ)
葉(は) パースニップ パクチー
パセリ 畑・畠(はたけ) ハチジョウソウ・八丈草
ハナウド・花独活(はなうど) ハマゼリ・浜芹(はまぜり) ハマボウフウ・浜防風
人(ひと) フェンネル ボウフウ・防風(ぼうふう)
ホタルサイコ・蛍柴胡 ボタンボウフウ・牡丹防風 ミシマサイコ・三島柴胡
ミツバ・三つ葉(みつば) ヤブジラミ・藪虱(やぶじらみ) ヤブニンジン・藪人参
ヤマゼリ・山芹(やまぜり) ヨロイグサ・鎧草(よろいぐさ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス