人形

【意味】 人形とは、木・紙・土・セルロイドなどで人の形を模して作ったもの。比ゆ的に、自分の意志では行動できない主体性のない人。

【人形の語源・由来】

「ひとがた(ひとかた)」に当てた漢字を音読した語。
「人形」は、「偶人」「人像」などと並んで奈良時代の文献にも見られる語だが、「ニンギョウ(ニンギャウ)」の読みが見られるのは奈良時代末期頃からである。
古くは、宗教的な意味をもつものが多く、人形は神・聖霊の形代・憑代として、祭礼などの宗教行事に用いられた。
これは日本に限らず、エジプトやギリシャなどでも、多くは呪術・宗教的な意味をもって作られている。
やがて、観賞用・玩具・人形劇・土産物・芸術品など、さまざまな用途で作られるようになった。

【関連語】

アバター アンドロイド 市松人形(いちまつにんぎょう)
オモチャ・玩具(おもちゃ) 折り紙(おりがみ) 案山子(かかし)
形・容(かたち) 神(かみ) 紙(かみ)
絡繰り・機関(からくり) 木・樹(き) キャラクター
こけし サイボーグ 芝居(しばい)
浄瑠璃(じょうるり) セルロイド ゼンマイ・発条・撥条(ぜんまい)
ダミー ダルマ・達磨(だるま) 土(つち)
木偶(でく) てるてる坊主(ぼうず) ドール
人形焼き(にんぎょうやき) 人間(にんげん) ぬいぐるみ
ねぶた 呪い(のろい) 羽子板(はごいた)
埴輪(はにわ) パペット ビスクドール
人(ひと) 雛人形(ひなにんぎょう) ヒューマノイド
フィギュア 文楽(ぶんらく) マスコット
祭り(まつり) マトリョーシカ マネキン
マリオネット 土産(みやげ) モデル
霊(れい) ロボット

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス