にきび

【意味】 にきびとは、主に思春期・青年期、顔・胸・背中などの毛穴にできる吹き出物。

【にきびの語源・由来】

にきびは、皮膚にできる赤いキビの実のようなものなので、赤い色を意味する「丹(に)」に「黍(きび・古くは「きみ」)」で「にきび」になったとする説や、「肉黍(にくきび・にくきみ)」が転じて「にきび」になったとする説。
柔らかいものを意味する「和(にく)」からや、「肉(にく)」を語源とするなど諸説ある。
古くは「にきみ」と言い、「にきみ」から「にきび」に転じたようだが、上記の説も元は「み」と発音されていた語ばかりのため、正確な語源は未詳である。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
汗疹(あせも) アトピー 穴・孔(あな)
痘痕(あばた) アレルギー 疣(いぼ)
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) 御出来(おでき)
顔(かお) 皮・革(かわ) 傷(きず)
キビ・黍・稷(きび) ケガ・怪我(けが) 瘤(こぶ)
痔(じ・ぢ) 凝り・痼り(しこり) 霜焼け(しもやけ)
皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん) 青春(せいしゅん)
背・背中(せ・せなか) 雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ)
田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ) 肉(にく)
麻疹(はしか) 肌・膚(はだ) 皹・皸・胼(ひび)
贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ)
肉刺(まめ) 実(み) 水虫(みずむし)
胸(むね) 面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん)
物貰い(ものもらい) 火傷(やけど) 腋臭(わきが)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス