ニコチン

【意味】 ニコチンとは、タバコの葉に含まれるアルカロイドの一種。無色の揮発性液体。

【ニコチンの語源・由来】

ニコチンの語源は、フランスの外交官 ジャン・ニコ(J.Nicot)の名に由来する。
ポルトガル大使であったジャン・ニコは、リスボンであらゆる病気に効くというタバコ種の植物を貰い受け、大使館の庭に植えて栽培・研究をした。
研究の中から、タバコの葉には偏頭痛に効く成分が含まれていると確信した。
その後、フランスの王妃 カトリーヌ・ド・メディシスが片頭痛に悩まされていたことから、ジャン・ニコは葉の粉末を献上し、頭痛薬として広めた。
その時用いたタバコ種の草は、ジャン・ニコの名に因み「ニコチアナ」と名付けられた。
さらに成分研究が進んだ300年後、タバコに含まれるアルカロイドの中でも重要な種が分離され、「ニコチン(ニコチアニン)」と名付けられた。

【関連語】

頭(あたま) アルカロイド 痛い(いたい)
カフェイン キセル・煙管(きせる) 草(くさ)
薬(くすり) 煙(けむり) コカイン
タール タバコ・煙草(たばこ) ドーパミン
トリカブト・鳥兜(とりかぶと) ニコチアナ 葉(は)
パイプ モルヒネ ヤニ・脂(やに)
病(やまい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス