ニッケル

【意味】 ニッケルとは、鉄族元素のひとつ。元素記号「Ni」 原子番号28。原子量58.69。銀白色の強磁性固体金属。耐食性が高いため、合金・メッキ・硬貨の原料などに利用される。

【ニッケルの語源・由来】

ニッケルは、スウェーデンの化学者で鉱物学者であるアクセル・クロンステットが、1751年に単体分離した。
この名称は、ニッケル鉱石が銅鉱石に似ていながら銅を分離できないことから、ドイツ語で「Kupfernickel(悪魔の銅・魔法にかけられた銅色の鉱石)」と呼ばれていたことにちなみ、「Kupfer(銅)」を除いて「nickel」としたものである。

【関連語】

亜鉛(あえん) アルミニウム 石(いし)
イットリウム イリジウム オスミウム
カドミウム 金(きん) 銀(ぎん)
クロム コイン コバルト
シーボーギウム ジルコニウム シルバー
水銀(すいぎん) スカンジウム ダームスタチウム
タングステン タンタル チタン
テクネチウム 鉄(てつ) 銅(どう)
ドブニウム ニオブ 白金(はっきん)
ハッシウム バナジウム ハフニウム
パラジウム ボーリウム マイトネリウム
マンガン メッキ・鍍金(めっき) モリブデン
ラザホージウム ルテニウム レニウム
レントゲニウム ロジウム

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス