二番煎じ

【意味】 二番煎じとは、前にあったものを模倣し、新鮮味に欠けること。焼き直し。

【二番煎じの語源・由来】

二番煎じの「煎じ」は、お茶や薬を煮詰めて成分を取り出すこと。
二番煎じは、一度煎じたものを再び煎じることや、そのもののことで、一度目に煎じたものよりも成分が弱く味が薄い。
そこから、前にあったことの繰り返しで、新味のないもののたとえとなった。
二番目であっても、新鮮で一番目のものより価値が高い場合に「二番煎じ」を用いるのは間違い。

【関連語】

飽きる(あきる) 新しい(あたらしい) 肖る(あやかる)
在り来り(ありきたり) アンコール イミテーション
エピゴーネン お茶(おちゃ) 同じ(おなじ)
カバー 狗尾続貂(くびぞくちょう) 薬(くすり)
コピー 尻馬に乗る(しりうまにのる) 煎ずる(せんずる)
前轍を踏む(ぜんてつをふむ) 糟粕を嘗める(そうはくをなめる) 月並み(つきなみ)
なぞる 二の舞(にのまい) 似る(にる)
煮る(にる) パクリ・パクる パロディ
顰に倣う(ひそみにならう) 再び(ふたたび) 古い・故い・旧い(ふるい)
真似(まね) マンネリ 紋切り型(もんきりがた)
ユニーク 様によりて葫蘆を画く

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス