ねずみ

【意味】 ねずみとは、齧歯目(げっしもく)ネズミ科の哺乳類の総称。

【ねずみの語源・由来】

「あなずみ(穴住み・穴棲み)」の音変化や「根住み・根棲み」の意味など、住む場所を語源とする説が多いが、棲みかは穴や根元だけではないため考え難い。
根之堅州国(黄泉の国のこと)を訪れた大国主命が、危ういところをねずみに助けてもらったという話が『古事記』にあり、上代では「根棲み」と考えられていたとは考慮すべきであるが、ここでの「根」は「根元」ではなく「陰所」を表していることから、棲みかを語源とするならば、「ね(隠れた所)」+「ずみ(棲み)」とすべきであろう。
ネズミの語源で有力な説は「ぬすみ(盗み)」の転で、人間の周囲にいて食糧を盗む生き物であり、古くは倉庫に鼠返しを立てて侵入を防いでいたことからも考えられる。
盗みに関連する説では、ネズミの多くが夜行性で人間が寝ている間に食料を盗むことから、「ねぬすみ(寝盗み)」とする説もある。
「盗み」が語源であることを証明するものではないが、英語の「mouse」も「盗み」に由来する。

【関連語】

穴・孔(あな) アルマジロ イタチ・鼬(いたち)
ウサギ・兎(うさぎ) ウッドチャック エジプトネズミ・エジプト鼠
陰・蔭・翳・影(かげ) カヤネズミ・萱鼠 カンガルー
クマネズミ・熊鼠(くまねずみ) グレー ケナガネズミ・毛長鼠
コウモリ・蝙蝠(こうもり) シチロウネズミ・七郎鼠 シマリス・縞栗鼠(しまりす)
ジャコウネズミ・麝香鼠 首鼠両端(しゅそりょうたん) 城狐社鼠(じょうこしゃそ)
スカンク スナネズミ・砂鼠 住みか・棲みか(すみか)
スンクス 鼠口終に象牙なし タルバガン
チンチラ テン・貂・黄鼬(てん) テンジクネズミ・天竺鼠
トガリネズミ・尖鼠 トゲネズミ・刺鼠 トビネズミ・跳鼠(とびねずみ)
ドブネズミ・溝鼠(どぶねずみ) ナマコ・海鼠(なまこ) 二鼠藤を噛む
人間(にんげん) 盗む(ぬすむ) 根(ね)
子・子年(ね・ねどし) ネコ・猫(ねこ) ネズミイルカ・鼠海豚
鼠が塩を引く 鼠壁を忘る壁鼠を忘れず ネズミカンガルー
鼠木戸(ねずみきど) 鼠講(ねずみこう) ネズミゴチ・鼠鯒(ねずみごち)
ネズミザメ・鼠鮫 鼠算(ねずみざん) ネズミタケ・鼠茸(ねずみたけ)
鼠突き(ねずみつき) 鼠に引かれる ネズミノオ・鼠の尾(ねずみのお)
鼠走り(ねずみばしり) 鼠舞(ねずみまい) ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち)
寝る(ねる) 灰(はい) ハツカネズミ・二十日鼠
ハムスター ハリネズミ・針鼠 ビーバー
ヒメネズミ・姫鼠(ひめねずみ) プレーリードッグ マーモット
マウス(鼠) マスクラット ミミズ・蚯蚓(みみず)
ミンク ムササビ モグラ・土竜(もぐら)
モモンガ モルモット ヤチネズミ・谷地鼠・野地鼠
ヤマアラシ・山荒・豪猪 ヤマネ・山鼠(やまね) 夜(よる)
ラット リス・栗鼠(りす) レミング

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス