ネオン

【意味】 ネオンとは、希ガス元素の一。元素記号「Ne」 原子番号10。原子量20.18。空気中に微量に存在。低圧放電により赤色に光るため、ネオン管として利用される。「ネオンサイン」の略。

【ネオンの語源・由来】

ネオンは、イギリスの化学者ウィリアム・ラムゼーが、メンデレーエフの周期表には無い新しい元素があると推測し、1898年、トラバースとともにに発見した。
「neon」という名は、ラムゼーの息子が「新しい」を意味するラテン語「novus」から「novumu」を提案し、それをヒントに、同じく「新しい」を意味するギリシャ語「neos」から付けられたものである。

【関連語】

新しい(あたらしい) アルゴン 行灯(あんどん)
硫黄(いおう) イルミネーション LED
小田原提灯(おだわらぢょうちん) ガス・瓦斯(がす) カンテラ
キセノン キャンドル クリプトン
サイン 酸素(さんそ) シャンデリア
水素(すいそ) セレン 炭素(たんそ)
窒素(ちっそ) 提灯(ちょうちん) 電気(でんき)
光(ひかり) ヘリウム 雪洞(ぼんぼり)
ライト(照明) ラドン ランタン(照明)
ランプ(照明) リン・燐(りん) ローソク・蝋燭(ろうそく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス