ねんごろ

【意味】 ねんごろとは、心がこもっているさま。親身なさま。親しいさま。親密になること。男女が深い仲になること(ねんごろになる)。男色関係をもつこと。

【ねんごろの語源・由来】

ねんごろは、上代には「ねもころ」と言い、「ねもころ」が変化して「ねむころ」となり、更に「ねんごろ」へと変化した。
「ねもころ」の語構成は、「ね(根)」+「もころ(如)」か、「ね(根)」+「も(助詞)」+「ころ(凝)」と考えられている。
共に「根の如く密に絡み合う」といった意味になるが、前者は「根の如く」、後者は「密に絡み合う」が重点となっており、ねんごろの意味からすれば、後者の「根も凝」が妥当であろう。
また、「ころ(凝)」が「心」の語源と考えられている点でも、ねんごろの語源は「根も凝」と考えられる。
ねんごろは心をこめて思うさまを示す語であったが、転じて、親しいさまも表すようになり、親密になることや、男女が深い仲になることも言うようになった。

【関連語】

アベック いちゃつく 慈しむ(いつくしむ)
慇懃(いんぎん) 恭しい(うやうやしい) 依怙贔屓(えこひいき)
お節介(おせっかい) 男(おとこ) 女(おんな)
カップル 絆(きずな) 義理(ぎり)
琴瑟相和す(きんしつあいわす) グル 克明(こくめい)
凝る(こごる) 心(こころ) サービス
親しい(したしい) しっくり 入魂・昵懇(じっこん)
しっぽり 戯れる(じゃれる) 周到(しゅうとう)
如才無い(じょさいない) 親切(しんせつ) 世話(せわ)
そつがない 戯れる(たわむれる) 丹念(たんねん)
ちんちんかもかも つうと言えばかあ 尽す(つくす)
丁重・鄭重(ていちょう) 丁寧(ていねい) 手塩に掛ける(てしおにかける)
仲(なか) 馴染む(なじむ) 懐く(なつく)
根(ね) 熱心(ねっしん) 贔屓(ひいき)
深い(ふかい) ボランティア 水入らず(みずいらず)
睦まじい(むつまじい) 面倒臭い(めんどうくさい) 優しい・易しい(やさしい)
厄介(やっかい) 誼み(よしみ) 律儀(りちぎ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス