寝耳に水

【意味】 寝耳に水とは、不意の出来事に、ひどく驚くことのたとえ。

【寝耳に水の語源・由来】

寝耳に水の「水」は、洪水などの濁流音で、「耳」は「耳にする」など、聞こえる意味で使われる「耳」である。
治水が完全でなかった頃は、よく川の水が氾濫した。
それが寝ている時であれば、なおさら驚くことになり、「寝耳に水」となった。
寝ている時に耳へ水を注がれるような不意の出来事から、「寝耳に水」になったとする説もあるが、実際に寝ているところに水を注がれるようなことはあり得ず、想像上の出来事から喩えられたとしても不自然すぎる説である。

【関連語】

あっけらかん いきなり 音(おと)
驚く・愕く・駭く(おどろく) 俄然(がぜん) 川・河(かわ)
間髪を容れず(かんはつをいれず) 聞く・聴く(きく) ぎゃふん
ぐっすり 忽然(こつぜん) 諺(ことわざ)
素っ頓狂(すっとんきょう) 青天の霹靂 即座(そくざ)
注ぐ・灌ぐ(そそぐ) 直ちに(ただちに) 忽ち(たちまち)
たまげる 短兵急(たんぺいきゅう) 度肝を抜く(どぎもをぬく)
唐突(とうとつ) 咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ)
突然(とつぜん) 突飛(とっぴ) 突拍子もない(とっぴょうしもない)
二の句が継げない 俄(にわか) 眠る(ねむる)
寝る(ねる) びっくり 降って湧く(ふってわく)
ふと 水(みず) 耳(みみ)
矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう) 狼狽(ろうばい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス