猫に小判

【意味】 猫に小判とは、いくら値打ちのあるものでも、価値のわからない者に与えるのは無駄であることのたとえ。また、効果や反応がないことのたとえ。

【猫に小判の語源・由来】

猫に小判は、人間にとっては貴重な小判であっても、猫にはその価値がわからないことから生まれたことわざ。
猫が選ばれた理由は身近な動物であったこと以外にないが、犬と比較するならば飼い主の言うことを聞かない点が挙げられる。
類句に「犬に論語」もあるが、こちらは説いて聞かせても無駄という意味で、単純に価値がわかりやすい小判を与えるのとは違う。
あくまで犬と比較した場合の話であり、「猫に小判」ということわざが生まれる過程で、犬と猫が比較されたという訳ではない。

【関連語】

石地蔵に蜂(いしじぞうにはち) 石に灸(いしにきゅう) 石に針(いしにはり)
石に灸の仇煙 イヌ・犬・狗(いぬ) 犬に論語(いぬにろんご)
牛に経文(うしにきょうもん) 牛の角を蜂が刺す 馬の耳に念仏
絵に描いた餅(えにかいたもち) 屋下に屋を架す 蛙の面に水(かえるのつらにみず)
諺(ことわざ) シカト 鹿の角を蜂が刺す
釈迦に説法(しゃかにせっぽう) 擂鉢へ灸を据える 蛇足(だそく)
畳水錬(たたみすいれん) 月夜に提灯(つきよにちょうちん) 土に灸(つちにきゅう)
豆腐に鎹(とうふにかすがい) 十日の菊(とおかのきく) 泥に灸(どろにやいと)
梨の礫(なしのつぶて) 二階から目薬 糠に釘(ぬかにくぎ)
ネコ・猫(ねこ) 暖簾に腕押し(のれんにうでおし) 馬耳東風(ばじとうふう)
豚に真珠(ぶたにしんじゅ) 六日の菖蒲(むいかのあやめ) 無駄(むだ)
無頓着(むとんちゃく) 無用の長物(むようのちょうぶつ) 元の木阿弥(もとのもくあみ)
焼け石に水(やけいしにみず) 柳に風(やなぎにかぜ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス