猫も杓子も

【意味】 猫も杓子もとは、誰も彼も。

【猫も杓子もの語源・由来】

寛文8年(1668年)の『一休咄』に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」とあり、それ以前には使われていたことが解かるが、語源は以下のとおり諸説ある。
1.「猫」は「神主」を表す「禰子(ねこ)」、「杓子」は「僧侶」を表す「釈氏・釈子(しゃくし)」で、「禰子も釈氏も(神主も僧侶も)」が変化したとする説。
2.「猫」は「女子(めこ)」、「杓子」は「弱子(じゃくし)」で、「女子も弱子も(女も子供も)」が変化したとする説。
3.「猫」は「寝子(ねこ)」、「杓子」は「赤子(せきし)」で、「寝子も赤子も(寝る子も赤ん坊も)」が変化したとする説。
4.「杓子」は「しゃもじ」のことで、主婦が使うものであることから「主婦」を表し、「猫も主婦も家族総出で」という意味から出たとする説。
5.猫はどこにでもいる動物、杓子も毎日使う道具であることから、「ありふれたもの」の意味から出たとする説。
『一休咄』に出てくるため、「1」の説が有力とされることもあるが、それだけでは根拠とならない。
「1」のの語源説も含め、こじつけと思える説が多いが、口伝えで広まったとすれば音変化や漢字の表記が変化することは考えられ、正確な語源は未詳である。

【関連語】

遍く・普く(あまねく) 洗い浚い(あらいざらい) 粗方(あらかた)
あらまし あらゆる 有りっ丈(ありったけ)
一切合財(いっさいがっさい) 概ね(おおむね) 押し並べて(おしなべて)
凡そ(およそ) 女(おんな) 神(かみ)
彼(かれ) 隈無く(くまなく) 子(こ)
挙る(こぞる) ご多分に漏れず ごっそり
悉く・尽く(ことごとく) 杓子(しゃくし) 杓文字(しゃもじ)
すっかり 全て・総て・凡て(すべて) 総スカン(そうすかん)
そっくり 大体(だいたい) 大抵(たいてい)
ダルマ・達磨(だるま) 誰(だれ) 具に・備に(つぶさに)
道具(どうぐ) ネコ・猫(ねこ) 寝る(ねる)
軒並み(のきなみ) 引っ張りだこ(ひっぱりだこ) ピンからキリまで
仏(ほとけ) 殆ど(ほとんど) 全く(まったく)
満遍なく(まんべんなく) ミーハー 皆(みな・みんな)
万・萬(よろず)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

猫も杓子もの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス