猫車

【意味】 猫車とは、土砂や農作物などを運ぶための一輪の手押し車。ねこ車。ねこ。

【猫車の語源・由来】

猫車の語源は諸説あり、主な説は以下の通りである。
1.建築用語で狭い足場をネコが通るような足場の意味で「猫足場」と言い、そこを通ることが出来る車なので「猫車」と呼ばれるようになった説。
2.漆喰を練った「練り子」を運ぶために用いられたので、略され「ねこ車」になったとする説。
3.逆さに伏せると丸まったネコの背中に似ていることから、「猫車」と呼ぶようになったとする説。
4.ネコのようにゴロゴロと音をたてることから、「猫車」と呼ぶようになったとする説。
このうち、最も有力と考えられているのは、1の「猫足場」の説である。
猫車が通る足場なので、狭い足場を「猫足場」と呼ぶようになったとも言われるが、英語でも狭い通路を「catwalk」と言うように、狭い場所を「猫が通る所」と表現することは自然なので、「猫足場」が先と考えて間違いないであろう。
ただし、一輪だけでなく二輪の手押し車も「猫車」と呼んだ例が見られ、二輪の手押しが先か同時期であった場合、猫足場の説は考え難くなるため、今のところ猫車の語源は未詳と言わざるを得ない。

【関連語】

オートバイ 音(おと) 籠・駕籠(かご)
キャブ 車(くるま) クレーン
漆喰(しっくい) シャトルバス スクーター
背・背中(せ・せなか) 狭い(せまい) 大八車(だいはちぐるま)
タイヤ タクシー 山車(だし)
タンクローリー 単車(たんしゃ) 壇尻・楽車(だんじり)
ダンプカー チャリンコ トラクター
トラック トレイン トレーラー
トロリーバス ネコ・猫(ねこ) バイク
ハイヤー 運ぶ(はこぶ) バス(車)
フォークリフト ブルドーザー ベロタクシー
畚(もっこ) リムジン リヤカー
レッカー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス