ねこばば

【意味】 ねこばばとは、悪事を隠して知らんぷりすること。特に、拾った物を密かに自分の物にすること。ネコババ。

【ねこばばの語源・由来】

ねこばばは、猫が糞をした後に砂をかけて隠すことから喩えたもの。
「糞(ばば)」は、大便など汚いものをさす幼児語である。
江戸時代後期頃から用いられた語と思われ、それ以前に用例は見られない。
一説には、猫好きの老婆が借金をなかなか返さなかったことから、猫好きの老婆が語源で「猫婆」を本来の形とする説もある。

【関連語】

うんこ 横領(おうりょう) 海賊版・海賊盤(かいぞくばん)
籠脱け(かごぬけ) カツアゲ 汚い(きたない)
ギャング 糞・屎(くそ) 護摩の灰(ごまのはい)
詐欺(さぎ) しらばくれる 白を切る(しらをきる)
砂(すな) スリ・掏摸(すり) せがむ
せびる 集る(たかる) 美人局(つつもたせ)
どさくさ 恍ける・惚ける(とぼける) 泥棒(どろぼう)
ネコ・猫(ねこ) 強請る(ねだる) ハイジャック
婆(ばば) 糞・屎(ばば) 拾う(ひろう)
糞(ふん) ペテン師(ぺてんし) ぼったくり
ポン引き(ぽんびき) 万引き(まんびき) モンキービジネス
強請る(ゆする)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス