【意味】 猫とは、食肉目ネコ科の哺乳類。体長50センチ前後。体はしなやかで、鞘に爪をしまい込むことができる。毛色は多様。

【猫の語源・由来】

ネコの語源は「ネコマ」の下略という説が多く、猫は夜行性で昼間よく寝ることから「寝子」に「獣」の意味の「マ」が付いたとする説。
「ネ(寝)」に、「クマ(熊)」が転じた「コマ」が付いたとする説。
「ネ」が「鼠」、「コマ」が「神」もしくは「クマ(熊)」とする説などがある。
平安中期の漢和辞書『和名抄』に「禰古万」とあり、「ネコマ」が「ネコ」の古称とされていたため考えられた説だが、「ネコ」と「ネコマ」のどちらが古いか定かではない。
有力な説は、「ネ」が鳴き声、「コ」が親しみを表す接尾語というものである。
『源氏物語』では猫の鳴き声を「ねうねう」と「ネ」の音で表現しており、「猫」の呉音は「ミョウ」「メウ」で鳴き声に由来する。
幼児語で猫を「ニャンニャン」や「ニャアコ」、犬を「ワンワン」や「ワンコ」というように、鳴き声で呼び、後に「コ」を加える点も共通している。
漢字の「猫」は、獣偏に音符「苗」で、「苗」は体がしなやかで細いことを表したものか、「ミャオ」と鳴く声になぞらえた擬声語と考えられている。

【関連語】

アビシニアン イヌ・犬・狗(いぬ) ウミネコ・海猫(うみねこ)
ウンピョウ・雲豹(うんぴょう) オセロット カラカル
キャット クマ・熊(くま) 獣(けもの)
ケンシコ・剣歯虎(けんしこ) 声(こえ) コドコド
コラット サーバル サーベルタイガー
しなやか ジャガー ジャガランディ
三味線(しゃみせん) シャムネコ・シャム猫 スナドリネコ・漁り猫
スナネコ・砂猫(すなねこ) スミロドン タイガー
チーター トラ・虎(とら) どら猫(どらねこ)
泣く・鳴く・啼く(なく) 猫足昆布(ねこあしこんぶ) ネコグサ・猫草(ねこぐさ)
猫車・ネコ車(ねこぐるま) ネコザメ・猫鮫(ねこざめ) 猫じゃらし(ねこじゃらし)
猫に小判(ねこにこばん) 猫にまたたび(ねこにまたたび) ネコノシタ・猫の舌(ねこのした)
猫の額(ねこのひたい) ネコノメソウ・猫の目草 ネコハギ・猫萩(ねこはぎ)
猫糞(ねこばば) 猫火鉢(ねこひばち) 猫跨ぎ(ねこまたぎ)
猫も杓子も(ねこもしゃくしも) ネコヤナギ・猫柳(ねこやなぎ) 猫を被る(ねこをかぶる)
ネズミ・鼠(ねずみ) 寝る(ねる) ハバナブラウン
バリニーズ ハンミョウ・斑猫(はんみょう) ヒマラヤン
ピューマ ヒョウ・豹(ひょう) フクロネコ・袋猫(ふくろねこ)
ペット ペルシャネコ・ペルシャ猫 ボブキャット
マーゲイ マーブルキャット マタタビ・木天蓼(またたび)
ヤマネコ・山猫(やまねこ) ユキヒョウ・雪豹(ゆきひょう) ライオン
リンクス ロシアンブルー

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

猫(ねこ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
ネコ・猫のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス