ねじる

【意味】 ねじるとは、細長い物の両端に力を加え、互いに逆の方向へ回す。また、一方を固定して他方に力を加えて回す。栓などを回す。捻挫する。ひねる。

【ねじるの語源・由来】

上二段動詞の「ねづ(捩づ)」が、近世以降、四段にも活用されるようになった語。
ねじる(ねづ)の語源は、「ひねる」の「ねる」が「練る」に通じることから、「ねじる(ねづ)」の「ね」も「練る」と同系の語と思われる。
漢字「捩」の「戻」の下部は「犬」で、犬が体をねじ曲げて戸の下をくぐるさまを表す。
「戻」が「もどる」の意味に用いられるようになったため、「捩」が本来の意味である「ねじる」を表すようになった。
漢字「捻」の「念」は、「心」と「ふさぐ(今)」からなる字で、口をふさぎ、ねばらせて唸ることを表し、「念」に「手」の「捻」は、手のひらをふさぎ、指先でねちねちとねばらせ、ひねることを表す。
「拗」の「幼」は、「細い糸」と「力」からなる字で、糸のように細いことを表し、「拗」は手でしなやかに曲げることを表している。

【関連語】

逆(ぎゃく) 拗れる(こじれる) 転がる(ころがる)
ツイスト 練る・錬る・煉る(ねる) 伸びる・延びる(のびる)
捻る・拈る・撚る(ひねる) 曲がる(まがる) 巻く(まく)
回る・廻る(まわる) 歪む(ゆがむ) 捩る(よじる)
縒れる(よれる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「ひねる」と「ねじる」と「よじる」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
捩る(ねじる)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス