ねぶた

【意味】 ねぶたとは、東北地方で行われる七夕行事のひとつ。紙貼りの扇・人形・動物などに火を灯して屋台や車に載せ練り歩く。ねぷた。ねぶた祭り。

【ねぶたの語源・由来】

「眠たし(ねむたし)」の語幹に由来する説が有力で、かつて各地で見られた「眠り流し」の行事が発展したものといわれる。
眠り流しの行事は、七夕に木の枝や藁人形を流すもので、秋の収穫期を前に、労働を妨げる睡魔をはらうために行われた。
また、「合歓木(ねむのき)」を目に擦りつけ、「ねぶた流し河流し」と唱えながら川に流す地方もある。
青森の「ねぶた」と弘前の「ねぷた」の違いは、「ねむたい」を言うときの方言の違いであろう。

【関連語】

秋(あき) 歩く(あるく) 枝(えだ)
扇(おうぎ) お囃子(おはやし) お盆(おぼん)
紙(かみ) 川・河(かわ) 紙(かみ)
木・樹(き) 車(くるま) 山車(だし)
七夕(たなばた) 壇尻・楽車(だんじり) 唱える(となえる)
人形(にんぎょう) ネムノキ・合歓木(ねむのき) 眠る(ねむる)
寝る(ねる) 博多どんたく(はかたどんたく) 葉月(はづき)
張りぼて(はりぼて) 火(ひ) 祭り(まつり)
神輿・御輿(みこし) 目・眼(め) 屋台(やたい)
藁(わら)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス