子・子年

【意味】 子とは、干支(十二支)の1番目。年・日・時刻などにあてる。方角の名で「北」。陰暦11月の異称。し。ねずみ。
子年とは、西暦年を12で割った際、余りが4となる年。ねずみどし。

【子・子年の語源・由来】

子の本来の読みは「し」。
『漢書 律暦志』では、「子」は「増える」を意味する「孳(し)」で、植物が子孫を増やそうと成長しはじめる種子の状態を表すと解釈されている。
これを「ねずみ」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものである。
神様が十二支の動物を決める際、一番に門前に辿り着いた牛の上に乗っていたねずみが飛び降り、一番になったことからとか、人間に身近な猫が入っていないのは、ねずみに騙されたからといった話があるが、これは十二支に動物が割り振られた後に作られたもので由来ではない。
また、「ねずみ」になったのは、インドの十二宮を支配する十二獣で十二神将にも冠される動物の順からともいわれるが、十二獣が十二支から決められたとするのが一般的な解釈である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス