ネーブル

【意味】 ネーブルとは、ミカン科ダイダイ類の常緑低木で、オレンジの一品種。ブラジル原産。

【ネーブルの語源・由来】

ネーブルは、「navel orange(ネーブルオレンジ)」の略。
「navel」とは「へそ(臍)」のことで、果頂部(へたと反対部分)がへそ形に盛り上がっていることから、こう呼ばれるようになった。
日本では「臍蜜柑(へそみかん)」や「臍橙(へそだいだい)」という地方もあるが、日本人がネーブルの形を見て名付けたのではなく、「ネーブルオレンジ」の訳から付けたものと思われる。
ブラジルでオレンジの枝変わりとして発生したネーブルは、19世紀後半にカリフォルニアで2本の苗木から育成され、甘くて美味しい種無しオレンジとなった。
ネーブルが日本への輸入・移植されたのは、明治22年(1889年)といわれる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス