ナゲット

【意味】 ナゲットとは、鶏肉・魚肉などを一口大に切って衣をつけ、油で揚げたもの。多く、骨なしの鶏肉を使った「チキンナゲット」をいう。

【ナゲットの語源・由来】

ナゲットは、英語「nugget」からの外来語。
「nugget」は「塊(かたまり)」。特に、「天然の金魂」を意味する。
揚げられた色や形が金魂のように見えるところから、「ナゲット」と名付けられた。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 油揚げ(あぶらあげ) 塊・固まり(かたまり)
カツ 空揚げ・唐揚げ(からあげ) 金(きん)
ゴールド 黄金(こがね) コロッケ
衣(ころも) 魚(さかな) 薩摩揚げ(さつまあげ)
ザンギ 竜田揚げ(たつたあげ) チキン
天ぷら(てんぷら) 肉(にく) ニワトリ・鶏(にわとり)
ハンバーガー ハンバーグ ピロシキ
フリッター ベニエ 骨(ほね)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス