ナズナ

【意味】 ナズナとは、アブラナ科の越年草。田畑や道端に自生する。春の七草のひとつで、若葉は食用。ぺんぺん草。撥草(ばちぐさ)。三味線草。

【ナズナの語源・由来】

ナズナの歴史的仮名遣いは「ナヅナ」で、その語源には、撫でいつくしむ草の意味で「撫で菜(なでな)」とする説。
ナズナは夏に枯れるところから、「夏無(なつな)」とする説。
苗が地について縮まっているところから、「滞む(なずむ)菜」の意味とする説。
「野面菜(のつらな)」が変化し、「ナヅナ」になったとする説がある。
ナズナ(ナヅナ)の後方の「ナ」は「菜」のことと考えるのが自然で、枯れる時期が名前になることはまず無いため、「夏無」の説は考え難い。
断定は難しいが、ナズナは古くから薬用として食べられ、音変化も自然なことから「撫で菜」の説が有力であろう。

【関連語】

アブラナ・油菜(あぶらな) アラセイトウ・紫羅欄花 慈しむ(いつくしむ)
イヌガラシ・犬芥子 カブ・蕪(かぶ) カラシ・芥子・辛子(からし)
カリフラワー 枯れる(かれる) キャベツ
草(くさ) 薬(くすり) クレソン
ケール ゴギョウ・御形・五形(ごぎょう) コマツナ・小松菜(こまつな)
スズシロ・蘿蔔・清白(すずしろ) スズナ・菘(すずな) セリ・芹(せり)
田(た) ダイコン・大根(だいこん) チンゲン菜・青梗菜
菜(な) 苗(なえ) 泥む・滞む(なずむ)
夏(なつ) 撫でる(なでる) 七草粥(ななくさがゆ)
ノザワナ・野沢菜(のざわな) ハクサイ・白菜(はくさい) ハコベ・繁縷(はこべ)
畑・畠(はたけ) ハボタン・葉牡丹(はぼたん) 春(はる)
ブロッコリー ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ) ホトケノザ・仏の座(キク科)
ミズナ・水菜(みずな) 道(みち) ラディッシュ
ワサビ・山葵(わさび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス