ナヨシ

【意味】 ナヨシとは、ボラの若魚でイナのこと。または、ボラ。みょうぎち。

【ナヨシの語源・由来】

ナヨシは成長するにつれて名前が変わる出世魚で、めでたい魚なので「名吉」の意味から付いたといわれる。
古くから、ナヨシは正月のしめ縄に挿して祝ったり、七五三の祝いに用いるなど、めでたい魚とされており、「ミョウギチ」とも呼ばれていたことから、「名吉」の意味に違いないが、「イナ」の別称と考えるのであれば、「イナ」が「否」に通じることから、美称の「名吉」にしたと考える方が良いであろう。
また、古くから伊勢地方では、ボラを豊漁祈願や八幡祭に奉納しており、伊勢の人が言い出した名前ともいわれる。
「イナ」に限らず、伊勢やその周辺地域で「ボラ」を「ナヨシ」と呼ぶことからすれば、伊勢で生まれた呼称と考えられる。

【関連語】

イキナゴ イセゴイ・伊勢鯉(いせごい) イナ・鯔(いな)
嫌・厭・否(いや) 祝い(いわい) エブナ・江鮒(えぶな)
オボコ からすみ 吉(きち)
クチメ・口女(くちめ) 魚(さかな) 七五三(しちごさん)
注連縄(しめなわ) 出世魚(しゅっせうお) 正月(しょうがつ)
スバシリ・州走・洲走(すばしり) 算盤玉(そろばんだま) トド・鯔(とど)
ナタネボラ 名前(なまえ) ハク・白(はく)
ハラブト・腹太(はらぶと) ボラ・鯔・鰡(ぼら) めでたい
メナダ・目奈陀・赤目魚 良い・善い・好い(よい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス