縄張り

【意味】 縄張りとは、博徒や暴力団などの勢力範囲。ある者の勢力範囲や専門領域。動物の個体・集団が、生活の場を確保するため、他の個体や集団の侵入を許さない占有領域。テリトリー。

【縄張りの語源・由来】

縄張りは文字通り、縄を張り巡らせることが原義。
縄を張って、土地などの境界線を定めたり、他の場所と区別する特別区域であることを示したことから、境界線や領域の意味を持つようになった。
戦国時代以降には、城のくるわや堀・石垣などの配置を定めるため、縄を張ることを意味する建築用語としても「縄張り」が用いられるようになった。
さらに近世以降には、ある者の勢力範囲を「縄張り」というようにったことから、ある者の専門領域や、動物が生活するために他を侵入させない領域も「縄張り」というようになった。

【関連語】

垣・牆・籬(かき) 曲輪・郭・廓(くるわ) 境(さかい)
島・嶋(しま) 占める(しめる) ショバ代(しょばだい)
城(しろ) 生活(せいかつ) ゾーン
テリトリー 縄(なわ) 張る・貼る(はる)
フィールド 堀・濠・壕(ほり) みかじめ料(みかじめりょう)
モノポリー ヤクザ 枠(わく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

縄張り(なわばり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス