【意味】 縄とは、麻や藁などの植物繊維や茎、化学繊維をより合わせて作ったもの。一般に、綱より細く、紐より太いものをいう。

【縄の語源・由来】

糸や紐などをより合わせる意味の動詞「なう(綯う)」からか、藁をより合わせた「なひわら(綯藁)」の略からであろう。
漢字の「縄」は、「糸」と「黽」からなる会意文字。
本来、「黽」は大きなカエルを表した字だが、ここではトカゲを表し、「縄」はトカゲのように長いなわを意味する。

【関連語】

アサ・麻(あさ) 糸(いと) エスカレーター
エレベーター 緒(お) 帯(おび)
カエル・蛙(かえる) 規矩準縄(きくじゅんじょう) 階(きざはし)
脚立(きゃたつ) 茎(くき) ケーブル
弦(げん) 鉤縄規矩(こうじょうきく) コード
紙縒り(こより) ザイル 真田紐(さなだひも)
自縄自縛(じじょうじばく) 縛る(しばる) 注連縄(しめなわ)
ステップ ストラップ ストリング
手綱(たづな) タラップ 綱(つな)
弦(つる) テープ 道具(どうぐ)
トカゲ・蜥蜴・石竜子(とかげ) 泥縄(どろなわ) 綯う(なう)
ナワノリ・縄海苔(なわのり) 縄張り(なわばり) 梯子(はしご)
ヒモ・紐(ひも) 結ぶ(むすぶ) リボン
リリヤン ロープ ワイヤー
藁(わら)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス