菜種梅雨

【意味】 菜種梅雨とは、三月下旬から四月にかけて降り続く、寒々とした春の長雨。

【梅雨の語源・由来】

菜種梅雨は、菜の花(アブラナの花)が盛りの頃に降り続く長雨を、梅雨になぞらえていった名。
アブラナの種子からとった油を「菜種油」というとおり、「菜種」はアブラナの種子のことだが、アブラナの別名でもある。

【関連語】

アブラナ・油菜(あぶらな) 雨(あめ) 嵐(あらし)
霰(あられ) 雷(いかずち) イナズマ・稲妻(いなずま)
卯月(うづき) 颪(おろし) 風・風邪(かぜ)
カミナリ・雷(かみなり) 狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも)
曇り(くもり) 木枯らし(こがらし) 東風(こち)
サイクロン 五月雨(さみだれ) 時雨(しぐれ)
時化(しけ) 篠突く雨(しのつくあめ) ストーム
空(そら) 台風(たいふう) 種(たね)
津波(つなみ) 梅雨(つゆ) てるてる坊主(ぼうず)
天気(てんき) 菜の花(なのはな) 花・華(はな)
疾風(はやて) ハリケーン 春一番(はるいちばん)
晴れ(はれ) 氷雨(ひさめ) 雹(ひょう)
吹雪(ふぶき) 霙(みぞれ) メイストーム
弥生(やよい) 雪(ゆき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス