ナス

【意味】 ナスとは、ナス科の一年草。熱帯では多年草。インド原産。古くから栽培され、高さは約80センチメートル。葉は卵形。夏から秋にかけ、淡紫色の花を開く。果実は倒卵形・球形・長形などで、果皮の色は普通暗紫色。西日本では「なすび」という。

【ナスの語源・由来】

ナスの語源は諸説あるが、元々は「なすび」と呼び、室町時代の女官に「おなす」と呼ばれるようになり、いつしか「ナス」という呼名が一般化したところまでは共通である。
諸説ある語源の中で、夏にとれる野菜「夏の実(なつのみ)」から、「なすび」になったとする説が最も有力とされている。
他には、「中酸実(なかすみ)」の「か」が省略され転じたとする説。
「生実(なすみ)」が転じたとする説。
「夏味(なつみ)」が転じたとする説などがある。

【関連語】

秋(あき) 秋茄子は嫁に食わすな アヒアマリージョ
一富士二鷹三茄子 ウルピカ キダチトウガラシ・木立唐辛子
クコ・枸杞(くこ) 草(くさ) サフィニア
シザンサス シシトウ・獅子唐(ししとう) ジャガイモ・じゃが芋(じゃがいも)
ジロ ダツラ タバコ・煙草(たばこ)
卵・玉子(たまご) タマサンゴ・玉珊瑚(たまさんご) タマリロ
ツノナス・角茄子(つのなす) トウガラシ・唐辛子(とうがらし) トマト
夏(なつ) ニコチアナ ハシリドコロ・走野老
花・華(はな) ハバネロ パプリカ
ピーマン ヒヨス・菲沃斯(ひよす) ヒヨドリジョウゴ・鵯上戸
ベジタブル ペチュニア ペピーノ
ベラドンナ ホオズキ・酸漿・鬼灯(ほおずき) ポテト
マンドレイク 実(み) ミリオンベル
ムラサキ・紫(むらさき) 八百屋(やおや) ロコト
ワルナスビ・悪茄子(わるなすび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス