【意味】 梨とは、バラ科ナシ属の落葉高木。花は白い五弁。秋、果皮に斑点のある実を結ぶ。

【梨の語源・由来】

果肉が白いことから「なかしろ(中白)」、略されて「ナシ」になったとする説。
梨は風があると実らないことから「かぜなし(風無し)」で、「ナシ」になったとする説。
果実の中心が酸っぱいことから「なす(中酸)」が転じたとする説。
梨は次の年まで色が変わらないことから「なましき」が転じたとする説。
「あまし(甘し)」や「ねしろみ(性白実)」から、「ナシ」になったとする説。
奈良時代当時、ナシとリンゴの原種となったカラナシ以外に果実の底が著しくくぼんだものが見当たらないことから、「つまなし(端無し)」の「つま(端)」が脱落したなど諸説あるが未詳。
平安時代には、「ナシ」が「無し」に通じることを忌んで「ありのみ(有の実)」と呼ばれたり、「無し」に掛けた言葉や歌が多く見られるが、語源とは結びつかない。

【関連語】

アーモンド 秋(あき) アップル
アプリコット アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご)
イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) 色(いろ) イワナシ・岩梨(いわなし)
ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
風・風邪(かぜ) カリン・花梨(かりん) カリン・花梨・花櫚(かりん)
木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご) 果物(くだもの)
凹み・窪み(くぼみ) サクラ・桜(さくら) サクランボ
サルナシ・猿梨(さるなし) サンザシ・山査子(さんざし) シャリンバイ・車輪梅
白(しろ) 酸っぱい(すっぱい) ストロベリー
スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野 チェリー
端(つま) デザート 無い(ない)
中(なか) 梨子打ち烏帽子 ナシウリ・梨瓜(なしうり)
梨の礫(なしのつぶて) ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木
花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム フルーツ プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) 実(み)
水菓子(みずがし) モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら)
ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー
梨園(りえん) リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス