なると巻き

【意味】 なると巻きとは、かまぼこの一種。赤く染めた魚肉のすり身を、白いすり身で巻いて蒸したもの。鳴門。なると。ナルト。

【なると巻きの語源・由来】

なると巻きは、断面にできる渦巻き模様を鳴門海峡の渦潮にちなみ付けられた名。
鳴門海峡にちなんだ名であるが生産地は徳島や兵庫でなく、東京ラーメンにかかせないものであるが東京でもなく、静岡の焼津で、国内生産量の90%を占めている。
また、なると巻きの渦は「の」の字に見える方が表面とされているが、鳴門海峡の渦潮は逆である。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス