鳴り物入り

【意味】 鳴り物入りとは、物事を大げさに宣伝すること。

【鳴り物入りの語源・由来】

「鳴り物」とは、歌舞伎で使う太鼓や笛などの楽器のこと。
舞台を賑やかに囃し立てるため、このような楽器の伴奏を入れることを「鳴り物入り」といった。
鳴り物を入れて賑やかにしたり、景気をつけたりする意味から、大袈裟に触れ回ることをいうようになった。

【関連語】

煩い・五月蝿い(うるさい) 大袈裟(おおげさ) 大風呂敷(おおぶろしき)
姦しい(かしましい) 歌舞伎(かぶき) 瓦版(かわらばん)
仰々しい(ぎょうぎょうしい) けたたましい 喧喧囂囂(けんけんごうごう)
騒がしい(さわがしい) 針小棒大(しんしょうぼうだい) 騒々しい(そうぞうしい)
太鼓(たいこ) チラシ 鳴る(なる)
賑やか(にぎやか) 能書き(のうがき) 派手(はで)
PR・ピーアール ビラ 笛(ふえ)
ホラ吹き(ほらふき) 物々しい(ものものしい) 喧しい(やかましい)
ルーキー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス