成金

【意味】 成金とは、短期間で金持ちになること。またその人。成り金。

【成金の語源・由来】

成金は、もともと将棋用語。
敵陣に入り、成って金将と同等になった駒のことで、特に「歩(ふ)」をさす言葉である。
江戸末期頃より、急に金持ちになった意味として「成金」が使われ始め、日露戦争直後に株で大儲けした鈴木久五郎や、第一次世界大戦で大儲けした造船・海運業者らを呼ぶようになり、現在のような使われ方が広まっていった。

【関連語】

嫌味・厭味(いやみ) 大盤振る舞い(おおばんぶるまい) 奢る(おごる)
書き入れ時 金(かね) 金に糸目をつけない
株式(かぶしき) キザ 仰々しい(ぎょうぎょうしい)
煌びやか(きらびやか) 黒字(くろじ) ケチ
倹約(けんやく) 絢爛(けんらん) 豪華(ごうか)
豪奢(ごうしゃ) 豪勢(ごうせい) ゴージャス
質素(しっそ) しゃらくさい 出世(しゅっせ)
将棋(しょうぎ) 贅沢(ぜいたく) 贅を尽くす(ぜいをつくす)
セレブ 素封家(そほうか) 大器晩成(たいきばんせい)
大尽(だいじん) 大枚を叩く(たいまいをはたく) 玉の輿(たまのこし)
長者(ちょうじゃ) 登竜門(とうりゅうもん) とんとん拍子
羽振りがいい(はぶりがいい) バブル経済(けいざい) 左団扇(ひだりうちわ)
太っ腹(ふとっぱら) リッチ 吝嗇(りんしょく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス