ならず者

【意味】 ならず者とは、素行の悪い者。ごろつき。

【ならず者の語源・由来】

「ならず」は「成る(なる)」に打消しの助動詞「ず」が付いた語。
「どうにもならず」の意味から「手に負えない」という意味が生まれ、素行の悪い者を「ならず者」と呼ぶようになった。
1994年にクリントン大統領が、自らにとって好ましくない国家を「ならず者国家(rogue states)」と発言して以降、この言葉は議会やメディアで用いられるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ならず者(ならずもの)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス