奈落の底

【意味】 奈落の底とは、地獄の底。抜け出すことのできない状態や立場。

【奈落の底の語源・由来】

「奈落」はサンスクリット語「naraka」の音写「奈落迦」が転訛した語で、「那落」「捺落」とも表記される。
本来は仏教語で、地獄や地獄に落ちることを意味し、転じて、ものごとのどん底や底知れない深い場所の意味で使われるようになった。
「奈落の底」の用法は、どん底を強調する意味で「底」が付けられたものである。
また、劇場の舞台や花道の床下のことも「奈落」と言う。
これは、回り舞台やせりなどの仕掛けが置かれていた場所が真っ暗なため、奈落の底に喩えた言葉で、舞台の床下が語源ではない。

【関連語】

上がったり(あがったり) 今際の際(いまわのきわ) おけらになる
暗い(くらい) 苦しい(くるしい) 極楽(ごくらく)
四苦八苦(しくはっく) 地獄(じごく) 進退窮まる(しんたいきわまる)
赤貧(せきひん) 絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰る(せっぱつまる)
瀬戸際(せとぎわ) 迫(せり) 底(そこ)
土壇場(どたんば) にっちもさっちも のっぴきならない
果て(はて) 花道(はなみち) 酷い(ひどい)
火の車(ひのくるま) 貧乏(びんぼう) 貧しい(まずしい)
冥土・冥途(めいど) やばい 黄泉(よみ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

奈落(ならく)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス