ナンパ

【意味】 ナンパとは、街頭などで見知らぬ異性に声をかけ、交際を求めること。特に、男性が女性を誘うこと。ガールハント。

【ナンパの語源・由来】

ナンパは明治時代には既に使われていた言葉で、漢字では「軟派」と書き、「硬派」の対義語である。
軟派は、本来、強硬な意見や主義をもたない一派を指す語であるが、そこから軟弱と思われる態度や、そのような態度をする者ついても「軟派」が用いられるようになり、新聞では社会面や文化面を担当する記者を「軟派」、政治面や経済面を担当する記者を「硬派」などと呼ぶようになった。
また、女性との交際やおしゃれに気を使ったりする若者は「軟派」と呼ばれ、腕力や男らしさを強調する者は「硬派」と呼ばれるようになった。
この変化からしばらくは、女性に声をかけて誘うことも「軟派な態度をすること」のひとつであったが、1980年頃から「ナンパする」といった表現が用いられ、カタカナ表記の「ナンパ」は単独の意味を持つようになっていった。
このような流れから、特に男性が女性に声をかけることを「ナンパ」と言い、女性が男性に声をかける場合は「逆ナン(逆ナンパの略)」と言われるようになった。

【関連語】

合縁奇縁(あいえんきえん) 誘う(いざなう) 一期一会(いちごいちえ)
お洒落(おしゃれ) 男(おとこ) 女(おんな)
カタカナ・片仮名(かたかな) 口説く(くどく) クラブ
経済(けいざい) 声(こえ) コミュニケーション
コンパ サークル 誘う(さそう)
社会(しゃかい) 新聞(しんぶん) スカウト
政治(せいじ) 唆す(そそのかす) ちょっかい
ディスコ テンプテーション プロポーズ
文化(ぶんか) 誘惑(ゆうわく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス