【意味】 汝とは、二人称代名詞。多く、対等もしくはそれ以下の者に対して用いられる。爾。

【汝の語源・由来】

「な(汝)」に「むち(貴)」が付いた「なむち」が変化した語。
「な」は自分を指す語であるが、ここでは目下や親しい人に対して用いる二人称代名詞で、「むち」は貴い者を表す。
本来は、相手に尊敬の意を含んで用いられていたと思われるが、中世には対等かそれ以下の者に対して用いられている。
漢字が「水」+「女」なのは、元々、河南省の嵩県から淮水に流れる「汝水(ジョスイ)」という川の名であったためで、「ニョ」や「ジョ」など昔の二人称代名詞の音に近い発音を持つことから、人称代名詞に当てられたものである。

【関連語】

貴方・貴女(あなた) うち おいら
御宅(おたく) 己(おのれ) お前(おまえ)
おら 俺(おれ) 女(おんな)
彼女(かのじょ) 彼(かれ) 川・河(かわ)
貴様(きさま) 君(きみ) 親しい(したしい)
自分(じぶん) 拙者(せっしゃ) 其方(そなた)
某(それがし) 尊い・貴い(たっとい) 手前(てまえ)
尊い・貴い(とうとい) 名前(なまえ) 僕(ぼく)
麻呂・麿(まろ) 水(みず) わい・わし・わて
私(わたくし・わたし) 我・吾(われ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス