七草粥

【意味】 七草粥とは、正月七日に無病息災を祈って、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れて炊いた粥。正月に疲れた胃袋を整えるために食べる。七種粥。七草がゆ。

【七草粥の語源・由来】

七草粥の風習は中国伝来のもので、平安中期頃に始まったとされる。
中国では「六日年越・七日正月」といわれ、七日がひとつの節目とされていた。
この七日は人を占う日「人日」といい、七種の菜を暖かい汁物にして食し邪気を避ける習慣があった。
日本では十五日の「小豆粥(あずきがゆ)」の影響により、室町時代以降に汁物から粥へと変わった。
小豆粥には「米」「粟」「麦」「稗(ひえ)」「黍 (きび)」「小豆」「胡麻」などが入れられ、「七種粥」と表記するのも小豆粥の影響と考えられている。

【関連語】

アズキ・小豆(あずき) アランチーニ アワ・粟(あわ)
オートミール お粥(おかゆ) おこわ
おじや おせち料理(おせちりょうり) おにぎり
おむすび オムライス 懐石料理(かいせきりょうり)
かやくご飯(かやくごはん) カレー 菊の節句(きくのせっく)
草(くさ) クッパ ゴギョウ・御形・五形(ごぎょう)
御飯(ごはん) ゴマ・胡麻(ごま) 米(こめ)
サムゲタン サラダ ジャンバラヤ
正月(しょうがつ) 精進料理(しょうじんりょうり) 汁(しる)
寿司・鮨・鮓(すし) スズシロ・蘿蔔・清白 スズナ・菘(すずな)
節句(せっく) 節分(せつぶん) セリ・芹(せり)
雑炊(ぞうすい) 七夕(たなばた) 端午の節句(たんごのせっく)
粽(ちまき) チャーハン・炒飯 ドリア
ナズナ・薺(なずな) パエリア ハコベ・繁縷(はこべ)
ハヤシライス 春(はる) ビーフストロガノフ
ヒエ・稗(ひえ) ビビンバ ひな祭り(ひなまつり)
ピラフ ホトケノザ・仏の座(キク科) ムギ・麦(むぎ)
睦月(むつき) 無病息災(むびょうそくさい) 飯(めし)
桃の節句(もものせっく) ライス リゾット
料理(りょうり) ロコモコ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス