ナナカマド

【意味】 ナナカマドとは、バラ科の落葉高木。山地に自生する。葉は羽状複葉。秋に紅葉する。七竃。

【ナナカマドの語源・由来】

ナナカマドは、七度かまどに入れても燃え残ることからとする説が定説となっている。
しかし、燃え残るというのは、この木を竈に入れる目的が火をおこすところにあるため、木炭の原木として使用される視点で考えた方が良い。
ナナカマドは燃えにくい木で、七日間、竈に入れることで極上の炭を得ることができるため「七日竈」と呼ぶようになり、「ナナカマド(七竈)」になったと考えられる。
「七日」は「なぬか」「なのか」なので、「ナヌカマド」や「ナノカマド」でない点で疑問はあるが、「七」という数だけを重視したとすれば「ナナカマド」でも通じるであろう。
ナナカマドの木は食器にも利用され、堅くて腐朽しにくい木なので、竈を七回換えるくらいの期間、使用できることからとする説もあるが、竈と食器を比較対象とすることはあまり考えられず、竈と炭の関係ほど密接ではないため考え難い。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
竈・竃(かまど) カリン・花梨(かりん) 木・樹(き)
キイチゴ・木苺(きいちご) サクラ・桜(さくら) サクランボ
サンザシ・山査子(さんざし) シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー
炭・墨(すみ) スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野
チェリー ナシ・梨(なし) バクチノキ・博打の木
ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら) 火(ひ)
ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら) ビワ・枇杷(びわ)
備長炭(びんちょうたん) プラム プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) 燃える(もえる)
紅葉(もみじ) モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら)
ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー
リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス