南無三

【意味】 南無三とは、驚いた時や失敗した時などに発する語。しまった。大変だ。南無三宝。

【南無三の語源・由来】

南無三は、仏教語「南無三宝(なむさんぼう)」の略。
「南無」はサンスクリット語「namas(ナマス)」や、仏典に用いたパーリ語「namo(ナモ)」の音訳で、「帰命」「帰依」「信じてよりすがる」を意味する。
「三宝」は「仏」と、仏の教えである「法」、その教えを広める「僧」のことで、仏教ではもっとも敬うべきとされるものである。
つまり、「南無三宝」は「仏」「法」「僧」の三宝の救いを請うという意味である。
三宝の救いを請うことから、失敗した時などに「南無三宝」や略した「南無三」と言うようになり、「しまった」「大変だ」といった感動詞として「なむさんだ」と言うようになった。

【関連語】

後の祭り(あとのまつり) 裏目に出る(うらめにでる) お釈迦(おしゃか)
おじゃん 驚く・愕く・駭く(おどろく) 請う・乞う(こう)
転ける・倒ける(こける) しくじる しまった
台無し(だいなし) 宝・財(たから) ダメ・駄目(だめ)
躓く(つまずく) 十日の菊(とおかのきく) ドジ
とちる 万事休す(ばんじきゅうす) 墓穴を掘る(ぼけつをほる)
ぽしゃる 仏(ほとけ) 水の泡(みずのあわ)
南(みなみ) 六日の菖蒲(むいかのあやめ) わや

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス