ナメクジ

【意味】 ナメクジとは、腹足綱有肺類ナメクジ科の軟体動物。虫ではなく陸生巻貝だが殻は退化して見られない。体長6cmほどで、塩をかけると体内の水分が出て縮む。なめくじら。なめくじり。

【ナメクジの語源・由来】

「ナメ」は滑らかに移動する姿から「滑」の意味が有力と考えられ、舐めるように這うことから「舐め」とする説もある。
「クジ(クヂ)」は、ナメクジが植物の上を這った後、えぐられたようになっていることから、「あける」「えぐる」という意味の「くじる」とする説もあるが、民間語源である。
別名に「ナメクジリ」「ナメクジラ」「マメクジリ」「マメクジラ」「ナメラクジ」などがある。
「ナメクジリ」の語形から見ると「くじる」が語源でもおかしくないが、この呼称は民間語源の「くじる」から生まれたという見方が強い。
古くは「カタツムリ」も「ナメクジ」と呼ばれていたため、カタツムリと区別するため「裸」を冠して「ハダカナメクジ」とも呼ばれた。
現在でも、「裸」を冠した呼称を用いる地域がある。

【関連語】

抉る・刳る・剔る(えぐる) 貝(かい) カタツムリ・蝸牛(かたつむり)
殻(から) ゴキブリ 塩(しお)
タニシ・田螺(たにし) 縮む(ちぢむ) でんでんむし
ナマコ・海鼠(なまこ) ナメクジウオ・蛞蝓魚 滑らか(なめらか)
舐める(なめる) 裸(はだか) ホヤ・海鞘・老海鼠(ほや)
マイマイ 水(みず) ミミズ・蚯蚓(みみず)
ムカデ・百足(むかで) 虫(むし) ヤスデ・馬陸(やすで)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス