なまず

【意味】 なまずとは、ナマズ目ナマズ科の淡水魚。幼魚は六本、成魚は四本の口ひげをもち、鱗はない。川や湖沼の泥底にすむ。

【なまずの語源・由来】

「なま」は、ウロコがなく滑らかな魚であることから、「なめくじ」の「なめ」と同じく「滑らか」の意味。
「ず(歴史的仮名遣いは「づ」)」は、川や沼の泥底にすむことから、「どじょう」の「ど」と同じく「泥」や「土」の意味。
つまり、「滑らかな泥魚」の意味から付けられた名と考えられる。
古くから、大きななまずが地中であばれるために地震が起こるという俗信があり、「地震」を「なまず」と言うこともある。
中国ではなまずを「魚」+「占(粘りつく)」で「鮎」と書くが、日本で「ねばる」の意味から「念」が当てられて「鯰」となった。
現在では、中国でも「鯰」が使われる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス