なまこ

【意味】 なまことは、ナマコ綱棘皮(きょくひ)動物に属する海生動物の総称。体は円筒形で、先端は多くの触手を伴なった口があり、後端は肛門。皮膚は柔軟だが小さな骨片が散在している。酢の物として生食するほか、いりこ(干物)、このこ(卵巣)、このわた(内臓の塩辛)など加工される。

【なまこの語源・由来】

なまこは、古くは単に「コ」と呼ばれており、のちに「なま」が付いて「なまこ」となった。
「コ」は触ると小さく固まることから、またコリコリした食感から「凝」の意味であろう。
なまこの「なま」は、ナメクジやナマズと同じく「滑らか」とする説と、「生」の意味とする説があるが、皮膚にある骨片が「滑らか」とは言い難いため、なまこの「なま」は「生」の意味と考えられる。
「生」の意味にも二説あり、ひとつは茹でて乾したなまこは「いりこ(煎りこ)」と言うことから、それに対して「生食」であることを示すために「生」が付け加えられたとする説。
もうひとつは、なまこは再生力が強く、体を切ったても時間が経つと元へ戻ることから、「生きかえる」という意味の「生」とする説である。
多くは「生食」の意味といわれるが、「生食」の意味であれば「生き物」としては「コ」と呼んだままになり、「なまこ」と呼ぶ場合は「いりこ」や「このわた」などと同様に、「食品」の名として位置づけられているはずなので、「生きかえる」意味の「生」の方が良い。
漁師言葉から生まれたとすれば、再生力の強さと固まるところから、「凝」に「生きかえる」意味の「生」が付き、「なまこ(生凝)」になったとする方が自然と思われる。
漢字の「海鼠」は、夜になるとネズミのように這い回ることからや、ネズミの後ろ姿に似ているから当てられたといわれる。

【関連語】

イカ・烏賊(いか) イソギンチャク・磯巾着 海参・煎海鼠(いりこ)
ウニ・海胆・海栗・雲丹(うに) 海(うみ) ウミシダ・海羊歯(うみしだ)
ウミユリ・海百合(うみゆり) 堅い・固い・硬い(かたい) 金海鼠(きんこ)
串海鼠(くしこ) 口海鼠・口子(くちこ) クラゲ・水母・海月(くらげ)
ゴカイ・沙蚕(ごかい) 海鼠子(このこ) 海鼠腸(このわた)
サンゴ・珊瑚(さんご) サンショウウオ・山椒魚 酢(す)
タコ・蛸(たこ) タツノオトシゴ 生(なま)
ナマズ・鯰(なまず) ナメクジ・蛞蝓(なめくじ) 滑らか(なめらか)
ネズミ・鼠(ねずみ) 莫久来(ばくらい) 撥海鼠・撥子(ばちこ)
ヒトデ・海星(ひとで) ヘビ・蛇(へび) 棒海鼠・棒子(ぼうこ)
ホヤ・海鞘・老海鼠(ほや) ミミズ・蚯蚓(みみず)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス