なまはげ

【意味】 なまはげとは、秋田県男鹿市などで大晦日(元は小正月)に行われる民俗行事。数人の青年が鬼の面をかぶり、蓑をつけ、木製の包丁や桶などを持って家々を訪れる。ナマハゲ。生剥げ。

【なまはげの語源・由来】

なまはげの「なま」は、「なもみ」という囲炉裏にあたっていると手足にできる低温火傷のこと。
なもみができるということは、冬場、火にあたってばかりいて怠けている証拠であるから、なまはげが包丁でなもみを剥ぎ、怠け者の子供を戒める。
なもみを剥ぐところから「なもみはぎ」と呼ばれ、転じて「なまはげ」となった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 家(いえ) イベント
囲炉裏(いろり) 閻魔(えんま) 大晦日(おおみそか)
桶(おけ) 鬼(おに) お化け(おばけ)
子(こ) 小正月(こしょうがつ) 修験道(しゅげんどう)
師走(しわす) 節分(せつぶん) 手(て)
天狗(てんぐ) 怠ける(なまける) ハロウィン
般若(はんにゃ) 火(ひ) 包丁(ほうちょう)
蓑・簑(みの) 火傷(やけど) 山伏(やまぶし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス