名前

【意味】 名前とは、人や物などを区別して表すために付けた呼び方。

【名前の語源・由来】

名前の「名」は、「名前」の意味で古くから使われている。
「名」は人や物などを区別する呼び方であり、声に出して使うものという見方から、「音(ね)」と同じ語源と考えられるが不明である。
名前の「前」は、「名」に敬称として「前」が付けられたと考えられる。
「名前」の語は近世頃から使用例が見られ、明治以降広く使われるようになった。

【関連語】

字(あざな) 徒名・仇名(あだな) 渾名・綽名(あだな)
貴方・貴女(あなた) アルファベット 諱(いみな)
浮名を流す(うきなをながす) 氏(うじ) うち
おいら 諡・贈り名(おくりな) 御宅(おたく)
音(おと) 己(おのれ) お前(おまえ)
おら 俺(おれ) 戒名(かいみょう)
仮名(かな) 姓(かばね) 漢字(かんじ)
貴様(きさま) 君(きみ) 源氏名(げんじな)
言葉(ことば) サイン 三文判(さんもんばん)
四股・四股名(しこ・しこな) 自分(じぶん) 拙者(せっしゃ)
其方(そなた) 某(それがし) 手前(てまえ)
名残(なごり) 汝(なんじ) ニックネーム
name・ネーム 判子(はんこ) ハンドルネーム
ブランド 僕(ぼく) 前(まえ)
麻呂・麿(まろ) 名字・苗字(みょうじ) 名刺(めいし)
ルビ わい・わし・わて 私(わたくし・わたし)
我・吾(われ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス