泣きべそをかく

【意味】 泣きべそをかくとは、子供などが今にも泣きそうな顔つきになること。

【泣きべそをかくの語源・由来】

「泣きべそ」や「べそをかく」の「べそ」は、口をへの字に曲げることをいう「へしぐち・べしぐち(圧し口)」の「へし・べし」が転じて、「べそ」になったとする説が有力。
泣きそうな顔つきは、能面の「べしみ(圧面)」のように口を結んだ状態になることから、「べしみ」の「べし」を語源とする説もある。
「へしぐち」の「へし」と「べしみ」の「べし」は同源で、への字に曲げることを表しているため、これらの説を別物として扱う必要はないであろう。
「泣きべそをかく」の「かく」は、漢字では「掻く」と書く。
「掻く」は、爪などで表面をこするという動作から、「事をなす」という意味でも使用し、「汗をかく」「いびきをかく」「恥をかく」など、好ましくないものを表面に出す表現で多く使われる。

【関連語】

汗(あせ) いじける 鼾(いびき)
嗚咽(おえつ) 顔(かお) 掻く(かく)
愚図る(ぐずる) 口(くち) 子(こ)
号泣(ごうきゅう) 顰める(しかめる) 拗ねる(すねる)
駄々をこねる(だだをこねる) 泣く・鳴く・啼く(なく) 涙(なみだ)
能(のう) 恥(はじ) 不貞腐れる(ふてくされる)
圧面(べしみ) 憤る(むずかる) 噎ぶ・咽ぶ(むせぶ)
やさぐれる 喚く(わめく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス