就中

【意味】 就中とは、その中でも。とりわけ。特に。

【就中の語源・由来】

就中は、漢文訓読した「なかにつく(中に就く)」が音便で「なかんづく」になり、「づ」と「ず」の混同から「なかんずく」となった。
古くは、「なかについて」の形も見られ、「なかにつく」とどちらが先に用いられていたものかは定かでない。
なお、漢文訓読した「なかにつく」の語構成から、なかんずくに「とりわけ」の意味が生じたわけではなく、元々、漢語の「就中」は「とりわけ」を表す語である。

【関連語】

折り入って(おりいって) 必ず(かならず) きっと
呉々も(くれぐれも) 殊更(ことさら) 須く(すべからく)
是非とも(ぜひとも) 就いて(ついて) どうしても
取り分け(とりわけ) 中(なか) 何卒(なにとぞ)
無論(むろん) 勿論(もちろん) 専ら(もっぱら)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス