ナデシコ

【意味】 ナデシコとは、ナデシコ科の多年草。山野、特に日当たりの良い河原に自生する。夏から秋にかけて、淡紅色の花をつける。秋の七草のひとつ。カワラナデシコ(河原撫子)。ヤマトナデシコ(大和撫子)。トコナツ(常夏)。瞿麦。

【ナデシコの語源・由来】

花が小さく色も愛すべきところから、愛児に擬した「撫でし子」が有力である。
『万葉集』の和歌には、撫でるようにしてかわいがる子(女性)と掛けて詠んだものが見られるが、それは現在で言う「カワラナデシコ(河原撫子)」を指した。
古くは、夏から秋にかけて花をつけることにちなみ、「トコナツ(常夏)」とも言った。

【関連語】

愛(あい) 秋(あき) 色(いろ)
ウシハコベ・牛繁縷(うしはこべ) エンビセンノウ・燕尾仙翁 オバナ・尾花(おばな)
オミナエシ・女郎花 女(おんな) カーネーション
河原・川原(かわら) カスミソウ・霞草(かすみそう) ガンピ・岩菲(がんぴ)
キキョウ・桔梗(ききょう) 草(くさ) クズ・葛(くず)
子(こ) サボン草(さぼんそう) シコタンハコベ・色丹繁縷
シレネ スイセンノウ・酔仙翁 ススキ・薄・芒(すすき)
セキチク・石竹(せきちく) センジュガンピ センノウ・仙翁(せんのう)
ダイアンサス タカネナデシコ・高嶺撫子 小さい(ちいさい)
ツメクサ・爪草(つめくさ) ドウカンソウ・道灌草 夏(なつ)
撫でる(なでる) ナンバンハコベ・南蛮繁縷 野(の)
ノミノツヅリ・蚤の綴 ノミノフスマ・蚤の衾 ハギ・萩(はぎ)
ハコベ・繁縷(はこべ) 花・華(はな) ハマナデシコ・浜撫子
ビランジ フシグロ・節黒(ふしぐろ) フシグロセンノウ・節黒仙翁
フジナデシコ・富士撫子 フジバカマ・藤袴(ふじばかま) ムギナデシコ・麦撫子
ムシトリナデシコ・虫取撫子 山(やま) ワダソウ・和田草(わだそう)
ワチガイソウ・輪違草

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス