虫唾が走る

【意味】 虫唾が走るとは、胸がむかむかするほど不快でたまらないこと。虫酸が走る。

【虫唾が走るの語源・由来】

「虫唾」は胸がむかむかした時に胃から口に出てくる酸っぱい液のことで、「走る」は口に出てくること。
つまり、虫唾が口に出てくるほど不快なことを表す。
「虫唾」の語源には、胃の中にいる寄生虫が出す唾液と考えた「虫の唾」とする説と、寄生虫による酸っぱい液なので「虫の酸」とする説がある。
そのため、漢字も「虫唾」と「虫酸」の表記があり、歴史的仮名遣いも「むしづ」と「むしず」の二説ある。

【関連語】

アレルギー 胃(い) いけ好かない(いけすかない)
嫌味・厭味(いやみ) 鬱陶しい(うっとうしい) 疎ましい(うとましい)
嫌い(きらい) 口(くち) 気疎い(けうとい)
毛嫌い(けぎらい) 犬猿の仲(けんえんのなか) 酸っぱい(すっぱい)
唾(つば) トラウマ 鳥肌(とりはだ)
走る(はしる) 鼻持ちならない 肘鉄(ひじてつ)
顰蹙を買う(ひんしゅくをかう) むかつく 向かっ腹(むかっぱら)
虫(むし) 虫が好かない(むしがすかない) 胸(むね)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス