虫の知らせ

【意味】 虫の知らせとは、よくないことが起こりそうな気がすること。悪い予感。

【虫の知らせの語源・由来】

虫の知らせの「虫」は、古く、人間の体内に棲み、意識や感情にさまざまな影響を与えると考えられていたもので、潜在意識や感情の動きを表す。
「虫がいい」「腹の虫が治まらない」などの「虫」も、この考えから生じた語である。
これら「虫」の付く言葉の多くが悪い事柄に用いられるのは、生まれた時から人体に棲み、人が眠っているすきに体内から抜け出して、その人の罪悪を天帝に知らせるという道教の「三尸(さんし)・三虫(さんちゅう)」に由来するためと考えられる。

【関連語】

アイデア 当てずっぽう(あてずっぽう) インスピレーション
オーメン 恐らく(おそらく) 体(からだ)
勘(かん) 兆し(きざし) 杞憂(きゆう)
情報(じょうほう) 知る(しる) ジンクス
千里眼(せんりがん) 第六感(だいろっかん) 多分(たぶん)
取り越し苦労(とりこしぐろう) 腹の虫が治まらない 閃き(ひらめき)
虫(むし) 虫がいい(むしがいい) 胸騒ぎ(むなさわぎ)
山勘(やまかん) 悪い(わるい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス