ムササビ

【意味】 ムササビとは、齧歯目(げっしもく)リス科の哺乳類。体長約40cm。尾長約35cm。前後肢の間に飛膜があり、木から木へ滑空する。夜行性。バンドリ。ノブスマ。

【ムササビの語源・由来】

胴体が小さいことから、「ミササビ(身細)」の意味とする説がある。
これは飛膜を広げた時と比較したものだが、鳥でもないのに飛ぶ動物を見て、体の小ささを名前とするか疑問。
古くは「ムザサビ」ともいったことや、妖怪の一種として恐れられていたことを考慮すると、「ムザ(ムサ)」はムジナの「ムジ」であろう。
t音はs音に変化しやすいことから、「サビ」は「トビ(飛び)」→「タビ」→「サビ」と変化したものと思われる。
異名の「バンドリ」は、夜行性で飛ぶことから「晩鳥」の意味。
「ノブスマ」の「ブスマ(フスマ)」は、現在でいう掛け布団の役割をしていた「衾(ふすま)」のことで、野にいて飛膜を広げた姿が衾のようであることからの名。

【関連語】

イタチ・鼬(いたち) ウサギ・兎(うさぎ) ウッドチャック
エジプトネズミ・エジプト鼠 カヤネズミ・萱鼠(かやねずみ) 木・樹(き)
クマネズミ・熊鼠(くまねずみ) ケナガネズミ・毛長鼠 コウモリ・蝙蝠(こうもり)
シチロウネズミ・七郎鼠 シマリス・縞栗鼠(しまりす) ジャコウネズミ・麝香鼠
スカンク スナネズミ・砂鼠 スンクス
タルバガン 小さい(ちいさい) チンチラ
テン・貂・黄鼬(てん) テンジクネズミ・天竺鼠 トガリネズミ・尖鼠
トゲネズミ・刺鼠(とげねずみ) トビネズミ・跳鼠(とびねずみ) 飛ぶ・跳ぶ(とぶ)
ドブネズミ・溝鼠(どぶねずみ) トリ・鳥(とり) ネズミ・鼠(ねずみ)
ハツカネズミ・二十日鼠 ハムスター ハリネズミ・針鼠(はりねずみ)
晩(ばん) ビーバー ヒメネズミ・姫鼠(ひめねずみ)
衾・被(ふすま) 布団(ふとん) プレーリードッグ
マーモット マウス(鼠) マスクラット
ミンク モグラ・土竜(もぐら) モモンガ
モルモット ヤチネズミ・谷地鼠・野地鼠 ヤマアラシ・山荒・豪猪
ヤマネ・山鼠(やまね) 夜(よる) ラット
リス・栗鼠(りす) レミング

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス