【意味】 紫とは、ムラサキ科の多年草。色の一種で赤と青の中間の色の総称。醤油。イワシをいう女房詞。

【紫の語源・由来】

植物のムラサキが群れて咲くことから「群れ咲き」の意味とする説と、花の色がムラになって咲くことから「むらさき」になったとする説がある。
色の紫は、ムラサキの根に含まれる色素によって染められた色で、植物名が染色名に転用されたものである。
寿司屋などで醤油を言うのは、醤油の色に由来する。
女房詞でイワシを表すのは、イワシの集まる時間は海面が紫になることからか、「鮎(あゆ)」に勝るところから紫は「藍(あい)」に勝るとかけたものである。

【関連語】

藍(あい) 青(あお) 赤(あか)
あがり(お茶) アジサイ・紫陽花(あじさい) アユ・鮎(あゆ)
色(いろ) イワシ・鰯(いわし) 海(うみ)
オオルリソウ・大瑠璃草 カーキ色(かーきいろ) ガリ
黄色(きいろ) キュウリグサ・胡瓜草 草(くさ)
紅(くれない) 黒(くろ) ゲソ・下足(げそ)
コムラサキ・小紫(こむらさき) コンフリー 咲く(さく)
サワルリソウ・沢瑠璃草 シソ・紫蘇(しそ) 下地(したじ)
シャリ・舎利(しゃり) 醤油(しょうゆ) 白(しろ)
寿司・鮨・鮓(すし) スナビキソウ・砂引草 セピア
チシャノキ・萵苣の木 茶色(ちゃいろ) ツルカメバソウ・蔓亀葉草
ツルムラサキ・蔓紫 根(ね) 花・華(はな)
ハナイバナ・葉内花 ハマベンケイソウ・浜弁慶草 ヘリオトロープ
ホタルカズラ・蛍蔓 斑(まだら) 緑(みどり)
ムラサキシキブ・紫式部 群れ(むれ) ヤブムラサキ・藪紫
ヤマルリソウ・山瑠璃草 ルリソウ・瑠璃草(るりそう) ワスレナグサ・勿忘草・忘れな草

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

紫(むらさき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
「紫」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス