胸突き八丁

【意味】 胸突き八丁とは、山道の登りのきつい難所。物事を達成する直前の最も苦しいところ。正念場。

【胸突き八丁の語源・由来】

胸突き八丁の「八丁」は、登山で富士山の頂上付近の八丁(約872メートル)で険しい道のこと。
「胸突き」は、胸を突かれたように息ができなくなるほど苦しいことを表している。
この語は上記のとおり、富士登山で用いた語であるが、他の山についても急斜面の登り道をいうようになった。
さらに、物事を成し遂げる過程を登山にたとえ、大詰めの一番苦しいところを「胸突き八丁」というようになった。

【関連語】

息(いき) 今際の際(いまわのきわ) 往生際(おうじょうぎわ)
大詰め(おおづめ) お仕舞い・お終い(おしまい) 終わり(おわり)
危機一髪(ききいっぱつ) きつい 苦しい(くるしい)
蛍雪の功(けいせつのこう) 険しい(けわしい) 剣が峰(けんがみね)
坂(さか) 四苦八苦(しくはっく) 終局(しゅうきょく)
終盤(しゅうばん) 正念場(しょうねんば) 進退窮まる(しんたいきわまる)
絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰る(せっぱつまる) 瀬戸際(せとぎわ)
突く・衝く(つく) てこずる 天王山(てんのうざん)
峠(とうげ) 塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ) 土壇場(どたんば)
のっぴきならない 上る・登る・昇る(のぼる) 背水の陣(はいすいのじん)
道(みち) 胸(むね) やばい
山(やま) ローマは一日にして成らず

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス